masami*cafe

life with dogs

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

母子家庭な日

先週月~水で相方がまた関東出張していた。その時のできごと。
仕事から戻り私も小春&弥七も食事を済ませ、お風呂に入っていたときである。
通常1人がお風呂に入っている間はもう片方がワンコたちを見れるのだが、2人ともいないとやっぱり落ち着かないようで吠えたり鼻を鳴らしたりする(特に弥七)。
しかしこの日は、なんだかやけに静か。しずか~にドアの前で待っていることもあるので、さほど気にせずゆっくりお風呂につかっていた。
でもあまりに静か過ぎてなんだか不安になってきたので、ちょっと覗いてみた。

「ん?!」

なんだか床の上が散らかっているような…?
あ!!ティッシュだ!
タオルを巻いて部屋へ飛び込み「こらーっ!」
2匹はびくっとしたが、よほど楽しいのかやめようとしない。
どうやら棚の上に置いてあった散歩用バッグ(コンビニ袋やティッシュが入ってる)を引っぱり落として中身(っていっても大事なものは入ってないんだけどね)をぶちまけたようだ。とりあえず元凶のバッグを届かないところに戻し、服を着て再び叱る。
どうも2匹は私をなめているのでは、と常々思っていた。相方が叱った方が声が低いからか効くような気がするのだ。私が叱っても喜んでると思われるのか?
弥七はマズルを掴んでもつまみあげても押さえつけてもしっぽをフリフリ。

や、やっぱりなめられてる!

そこで、ワンコには1番効くという「シカト作戦」を実行。かまってもらうのが1番嬉しいワンコ、特に弥七みたいなのには1番いいと何かに書いてた。

2匹の目をなるべく見ないように無言で散らばったティッシュを片付ける私。
「お母ちゃんどうしたの?」私の後をついてくる弥七。
「ゴメンね、ゴメンね」とひっくり返って甘えモードの小春。

面白いけどなるべく目を合わさないよう、我慢しながらシカトを続ける。
片付け終えたらソファに座って本でも…
小春はすかさず膝へ乗って来て「ごめんなさい」モード。(実は弥七かと思っていた)
弥七は私のまわりをうろうろしてはチラチラ見ていたが、やがてベッドへ。

その時信じられないことが起こった!

弥七が…弥七が

ベッドの上でおしっこをじょ~

なにいいいいいい!!!!

慌てふためき、速攻布団カバーを外し洗濯機を回す!布団は水でたたいてファブリーズをし、別室に広げて干す!
そして弥七を再び叱る。「おしっこはここじゃないやろ!」

トホホ…こんなことは未だかつて1度もなかったというのに…

相方の「小春と弥七シリーズ」モードの弥七の心の声が聞こえてくるようだった。

うろうろ「あれ?お母ちゃん?お母ちゃん?」
チラチラ「おかしいなぁ、お母ちゃん全然ボクのこと気づいてくれないや」
ベッドにぴょん「よーし!これでどうだ!」
おしっこじょ~~「お母ちゃん!ボクここだよ~」

……私が悪かった…orz

20041213011836.jpg
スポンサーサイト
  1. 2004/12/13(月) 01:25|
  2. 小春と弥七
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

masami

  • Author:masami
  • 相方&娘+2ワンとのんびり暮らしているmasamiの気まぐれ日記です。

うちのコドモたち

Twitter

 

最近の記事

リンク

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。